働く意味が見出せない時は、なにを変えればいいの?『仕事に対する解釈』

スポンサードリンク




こんにちは

昨日はずっと雪が降っていましたが、今日は晴れです

↑この本からです

「働く意味」についてメモ

 

仕事とは感動を与えること

経営の神様と言われた松下幸之助

土地を買えば簡単に儲けることができた時代に彼は土地で儲けることはしなかったそう

結果的に不動産バブルは弾けて多くの会社が倒産するなかで、松下さんはその難を逃れました。

 

なぜ土地に手を出さなかったのか、それは松下幸之助さんの仕事に対する解釈の違いからです

「仕事とは感動を与えること」

人の生活を潤わせ、感動を与えることが彼にとっての仕事で

土地を売って値上がりしたところを売ることは仕事でもなんでもなかったのです。

仕事に対する解釈を変えると、発想が変わり、出るアイデアもまったく変わってきます。だから、これからはこう考えてみてください。

「私の仕事は人を幸せにすることである」

そう考えたら、発想が大きく広がるはずです。

あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。 1秒でこの世界が変わる70の答えp286

相手がいるから仕事が成り立つ

幸せにすれば幸せになる\( ‘ω’)/

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です