不思議なくらい、お金が貯まるルール

スポンサードリンク




ということで

本田健さん著書の「お金が貯まる人の習慣」からの

 

不思議なくらいお金が貯まるルールをご紹介

早速、結論から

「収入が増えても、支出レベルをしばらくそのままにしておく」

ことです

 

意識としては

自分の収入ならここまでは使っていいな、という生活水準からさらに2レベルほど下げて暮らすくらいです。

 

大富豪の方とかは現に生活レベルはそれほど派手ではない方が多いらしく、

 

逆にいくらお金持ちでも、大豪邸に住んで、高級車をのり、船まで持ってる派手な人はいますが

そういう人ほど「お金の心配」が払拭できていないもので、

お金のトラブル、人間関係の損失、離婚などが多いということがよくあるみたいです。

 

収入と支出を繋げない

収入がドカっと入ったり、ボーナスが出たり、そんな時に頑張った自分へのご褒美は買わないほうがいい

 

よくボーナスが入ったから何か高いものを買う、みたいな世の中の風潮には惑わされないほうが良い。

流されて買うのではなく、自分が本当に欲しいもの買うようにするのが大事

 

金額と喜びをを結び付けない

多くの収入が入った時、それに見合った高価なご褒美を買うと

いくら収入が増えても、さらに高いご褒美を買ってしまい、お金がたまらないという循環に。

 

そんでご褒美の金額を上げていくと、普段の出費も上がっていくそうで、

一度あがった生活水準は下げるのが難しい、プライド云々で。

 

 

ご褒美がだめということでなく、高価な買い物=ご褒美という考えが危険なので

自分にとってのご褒美=かかるお金の額 にはならないようにしないとね( ´∀`)

周りに流されないで、自分が楽しいこと、必要なことにお金を使っていきたいですね。

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です