コレクションしていた物を手放す。物を捨てるコツ

スポンサードリンク




今年に入ってからだいぶ持ち物を減らしました。

引っ越しをしたことで持ち物を見直す機会があったのが大きいです

 

僕はもともとコレクションが好きで、特に漫画は好きでたくさん持ってて

今までに漫画にいくら使ったかは、考えたくないです( ^∀^)

 

それをほどんど処分しました。

量はだいたいみかん箱10ケースくらいになったと思います。

メルカリでシリーズ全巻セットとかで売り出せばそれなりの金額になったのかと思うんですが

手間を考えるとどうも面倒臭かったので、BOOKOFFオンラインを使いました

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

これがとても便利でダンボールに本を入れて用意しておけば無料で集荷に来てくれるので

大量に本を処分したい僕にとってはとても助かりました。

 

実際の価値を知ると手放せる

本題ですが、僕がどうして大好きな漫画を手放すことができたのか

そもそも、それほど読んでいなかったから

もちろん読むことも好きなんですけど、そんなに頻繁に読むことはない

一年以上、手に取らず放置している作品もザラだった

 

しかしせっかくこれだけコレクションした漫画たちだ

 

集めてる時はお金もかけたし、これだけ集めたのに手放すのは勿体無いよなって

思ったりもしたのですが、そんな時にメルカリなんかで自分が持っとる漫画の相場を調べてみると

案外安い、全巻セットで数千円とかで売られてる

 

あ、買えるわ、いつでも買えるわコレ

って気づいたわけです

 

自分で集めてる時はかけがえのない大切なものみたいな感覚で漫画を集めてたのですけど

実際の価値を調べてみると割とそーでもない

 

いつでも手に入るのなら、もう読んでないし手放しましょう。って踏ん切りがついたんすよね

 

一回手放して見て、欲しくなったらまた買えばいい

買った時はたくさんお金使ったもの、もう使ってない、押入れにしまってある

一度、市場での相場を見てみるといいですよ

案外、いつでも買える値段だったりします。

一回手放して見て、もしまた欲しくなったら買えばいいんですよ

 

不思議なことに、意外と欲しいとは思わなくなるんですよね

所持していた感覚を一度知ってるから、もう一度欲しいという欲はでないです

漫画なんかは読みたくなったら漫画喫茶に行けばいつでも読めるのでね

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です