芥川賞作家、藤原智美さんの文章術からブログを書く上で大事だと思ったことメモ

スポンサードリンク




芥川賞作家、藤原智美さんの著書

「文は一行目から書かなくていい」を読みました

ブログを書くたびに一行目から頭をこねくり回していたぼくにはグサリとささるタイトルの本でしたので、購入してみました。特に刺さった内容をまとめます。初心者ブロガーの方は参考にしてください。<m(__)m>

 

本の内容

「文章をうまく書くには」「人に伝わる文章とは」というテーマで、藤原智美さん自身が一度、書くということを見直してみたいという思いから書かれています。

プロ作家の文章テクニックや日常生活での文章力を磨くやり方など書かれており、文章を書きなれてい人は参考にできる内容も多いです。

 

文章がヘタだという自覚が上達の第一歩

 書くということは、どんな種類の文章であっても簡単ではありません。書いていくほどに難しさを増して行きます。そうした自覚がない人は、文章をつくることにむいていないのかもしれません。

もしあなたが「思うように書けない」「自分は文章がヘタだ」という自覚があれば、まずはそれだけで、上手に書くことの第一歩を踏みだしているのだ、と思います。

まえがきに書かれている文章ですが、日々ブログを書いては自分の文章の下手さにうんざりしている自分にとって、ヘタだという自覚が上達の第一歩という言葉は、勇気づけられました。

また文章とはうぬぼれやすく、駄文であっても、なかなか自覚できなくなる。そして人に指摘されるとムカッとしてしまうとのこと。

「文章を書くということはうぬぼれやすい」という性質を知ることができたのはブロガーにとっては幸いかな

これからブログを書いていけば文面の批判をされることもあるかと

そういったとき少なからずムカつくと思いますが、自分はまだまだ下手なんだな、という気持ちで向き合うことで、余裕をもちながら文章の上達ができるのでは、と思います

 

ターゲットは特定の一人に絞る

 説得力のある文章を書くためには、誰に向けて書くのか、つまり読み手の想定が大切です。読み手が複数いる場合は、全員ではなく特定の一人に絞ること。できるだけ具体的に読み手の顔を思い浮かべたほうが、当たりさわりのない内容から一歩踏み込んだ表現ができて、文章の説得力も高まります。

これは僕自身が全然できていないことですね。ある程度のターゲット層を決めるだけじゃふわっとした文章になって、結局だれにも読まれない文章になる。これはそのまま今のぼくのブログに投稿している記事が物語ってます。

ターゲット層に向けて記事を書くのではなく「あの人」にむけて書くようにしましょう。ってことですね

これからはブログを書くときは特定の個人の顔を思い浮かべながら書くぞ!

 

旨い人の文章を真似る

多くの人は自分なりに文体を確立してから、それを名文の域に近づけようと努力します。しかし最初から自分の文体にこだわる必要はない。

〔中略〕

最初は素直に名文の型を身につけるところから始めたほうがいい。

見事なまでにグサグサ刺さります笑

ブログは自分の色を出していくことが大事だと思っています。それは大事だけど、最初から我流でやってもセンスのない限りは読まれもしないから結果なんて出ないですね。ぐはッ、目が覚めました。

ぼくはトップブロガーの記事をみても「この人はこの人、自分は自分だから」って考えていました。そこから学ぼうともせづに自分の考えに浸ってました。お恥ずかしい・・

まずはうまくいっている人の型をまねることが大事。

あと、この文の後の内容で、うまい人の書き方をまねても自分の個性は消えないということにも触れていました

その内容をよんで納得できたので、(詳しくは本を読んでね)真似ても個性が消えないのなら、うまくいっている人の書き方をまねしないのはただ効率が悪いだけです(^p^)グサーッ

 

文は一行目から書かなくていい

 人間の思考というのは断片的です。もちろんそれを文章にして伝えるためには一定の秩序を与えることが必要ですが、断片的な思考を頭のなかだけで整理するのは限界があります。

文章というのは何回も見直して推敲しながら完成させていくものです。どうせ後から見直すのだから、一行目にこだわる必要はまったくない。まずは思いつくままアトランダムに書いてみることです。

書きたい記事のネタを思いついても最初の出だしがうまく思いつかずに結局書けづじまいってことがありました。書きたいところから書くことも大事なんですね、

記事の構成を書く前に作っておくことも書きやすさのポイントだと思いますが、それにプラスして書きやすい文章から書いていくことも踏まえれば、記事を書くハードルが下がると思います。

 

感想まとめ

もともと分を書くことが苦手だったのですが、この本のあとがきで「やっぱり書くということはむずかしい」と言っています。プロ作家の方でも難しいっていうんだから、自分が難しくて当然だなって、なんか安心しました。

難しいと思えるからこそ伸びしろがあると感じるし、うまくなりたい人が読んでくれる文章を書きたいという気持ちがつよくなる一冊でした。

ちなみに藤原智美さんは男性です。恥ずかしながらこの本を読むまで藤原さんのことを知らなかったので、調べてわかりました。

僕のような全然読まれないブロガーの方は読んでみて

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です