ひとりでマリンピア日本海に行ったら最高だった【ぼっち水族館】

スポンサードリンク




こんにちは、

普通の人と生きている世界のチャンネルが違うんじゃないの?

ってくらい孤独な生活を送っているちーちくです。

 

唐突ですけど一人で水族館に行ってきました。

故に感想を述べてゆきます。

 

初めてのひとり水族館

 

水族館は子供の頃に家族と数回いったことがあります。

今回、ぼくは新潟市にあるマリンピア日本海に行ってきました

マリンピア日本海 ウェブサイト


ここの水族館も小学生の頃に言った記憶があります。

しかし行ったっていう記憶だけでどんな魚がいたとかは全然覚えていないのです

ただ、帰りにジャスコでポケットモンスター金を買ってもらったことは嬉しくて良く覚えていますw

 

 

というわけで今回は実質初見みたいな感覚で行ってまいりました。

ひとりで水族館にいくのは初めてなので

わくわくでした

 

 

どこかでバランスが保たれておるんじゃのぅ・・・

平日の昼過ぎにいったので余り込んでいなかったです。

 

受付でチケットを買おうとしたら、

僕の前には男女三人組がいました。

男1に対して女2のスリーマンセル

 

(゜_゜)「ほーん・・」

「なるほどね、

一人孤独に過ごしているやつがいれば

女を二人も侍らせている輩もおる

海の波の凹凸を相殺するとちょうど平らになるって話

あれのようなもんか

世の中ってよくできてるなー」

って思いながら

元気よく

(^○^)<「大人一枚」

って受付のお姉さんに言いましたとさ

 

ちなみに大人1500円です

 

まさかの、最初の水槽で?!

 

颯爽とチケットを買い入場した僕

入り口付近には色鮮やかにサンゴや小魚が彩る水槽があった

 

「おー、さっそく綺麗なお魚さんたちの出迎えだ」

「(゜-゜)ジーー・・・」

 

ーーーー20分後ーーーー

 

「(゜-゜)ジーー・・・」

「(゜o゜)ハッ」

いけない、

ここで僕の能力

「生き物をずっと見続けていても飽きない」

が発動してしまった。

 

僕はもともと生き物を観察することが好きなのです

道端にいる鳩だろうが雀だろうがずっと見ていられるのだw

これは僕が内向型だからだろう、自分の世界に入って一つのことに没頭してしまうのです

外向型の人ならばある程度見たら次に行くのでしょうね

※内向型って何って人はこちら→内向型にとって一人の時間はエネルギー源

 

僕はこの一つ目の水槽で確信した

内向型がひとりで水族館いくとめっちゃ時間かかる

 

だがこれが本来の自分の楽しみ方であり

多人数で行っても「水族館」を楽しみきることはできない

 

しかしこんなペースでは営業時間内には廻りきれない

僕は最初の水槽に後ろ髪をひかれながら次の水槽に足を運んだ

 

※魚見るの夢中になってて最初の水槽の写真とってなかったー(+o+);

 

クラゲきれー

 

以後、ある程度テンポよく見て回った

「観察」を始めると一気に時間が過ぎる

 

だが僕の足がある生き物の水槽の前で止まる・・

 

そう、、クラゲだ!

立ち止まった水槽の中には一種類のクラゲしかいない

だが、すごく密度が濃い

 

]なんかもう、数が多くて個体同士の長い触手が絡まっちゃってる

よくわかんないけどその水槽から目が離せなかった

 

水槽の中はゆったりと流れがあり

クラゲはほとんどその流れに身を任せている

僕は絡み合っているクラゲを食い入るように見た

見てると複雑に絡まっているように見えて

泳いでいるうちにスルスルとほどけている

 

いや、実際めっちゃ絡まっているんだけど

なぜかほどける、なんでだ

 

そしてこの絡まったり、ほどけたりしているのを

ずっと見ているだけで面白い

なんで面白いかを自分でもわからない

だが、これを理解できる人と友達になりたい

 

※この水槽以外にもクラゲは居たよ↓↓

 

たのしかったー

 

結局、全部見て回るのに4時間くらいかかったw

閉演時間が迫ってなかったらおそらくもっと長く満喫していただろうね

 

感想としてはすっごい楽しめた

ウミウシがゆっくり移動してるのとか

動かない魚が動くまで待つのとか

 

僕はそういうのがたまらなく好きなんだと思う。

内向型で生き物が大好きな人はひとり水族館とてもおすすめです!

とくにマリンピア日本海は平日なら混雑していないので

僕みたいな人混みが苦手な人にはベストですた。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です