内向型にとって一人の時間はエネルギー源

スポンサードリンク




人生のほとんどを一人で過ごしているちーちくです

 

内向型にとってこの一人でいる時間は

エネルギーをチャージする大事な時間です。

このエネルギー源が

内向型と外向型の分かりやすい分かれ目だったりします。

 

エネルギー源が違う

内向型、外向型、両者の一番の違いは

どこからエネルギーを得るかです。

これが気質による行動や考えの違いです。

 

内向型のエネルギー源

 

内向型のエネルギー源は

アイデア、感情、印象といった

自分の内なる世界から生まれるものです。

なので一人で物思いに浸る時間こそが内向型には必要なのです。

その時間を取らないとエネルギーが供給できません。

 

対して

 

外向型のエネルギー源

 

外向型のエネルギー源は

活動、人、場所、物といった

外の世界からの刺激によるものです。

長時間、考え込む、一人の時間、一人の人を相手に過ごすと

刺激不足となります。

 

気質の特性を理解することが大事

 

内向型は外向型と違い外からの刺激に弱いです。

この外からの刺激によってエネルギーが減ります。

 

これによりイライラしたり

友達と遊んでいるときでも

「あー早くかえりたいなー」

なんて思ったりします。

 

なので消耗しきらないように

外の刺激にたいして制限していくことが大事です。

かといって自分の世界に引きこもりすぎるのもよろしくないです。

人とのつながりがなくなり、物の見方が偏ったりします。

外での時間と一人の時間のバランスを取っていくことが重要です。

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です