アニメ「SHIROBAKO」は仕事のあり方を考えさせられる作品

スポンサードリンク




どうもこんにちは、アニメ大好きなちーちくです

エアコンが壊れててなかなか蒸し暑い日々を過ごしています(+o+)

 

今回はSHIROBAKOっていうアニメを紹介します。

個人的には今更感が半端ないのですが、

自分の好きなアニメの5本の指に入るくらい良きアニメなので

一回紹介しとこうと思いました。

 

ちなみにSHIROBAKOの放映時は2014年10月です。

うん、めっっちゃ今更。

 

 SHIROBAKOというアニメ

 

 

SHIROBAKOはアニメ業界を題材にしたお話です

 

SHIROBAKOとは、それは・・

公式サイトに分かりやすくまとめられています!!。↓↓

「SHIROBAKOアニメ公式サイト ストーリー紹介ページ」

 

けっして自分であらすじを書くのがメンドクサイわけではないですから!

そのかわり自分なりのおすすめポイントを全力で紹介しますよ。

 

アニメ制作の過程を知ることができる

 

アニメ業界が題材となっているこの作品

アニメがどのように出来上がっていくのか

ストーリーを楽しみながら知ることができました。

 

アニメなので実際の現場とは差があるかもしれません

ですが大まかな製作工程を知るには十分です。

 

普段、僕が楽しく見ているアニメが

どうやってできているのか、

どれだけの人の作業量、工程を経て完成しているのか、

 

それを知ることで

アニメを深く楽しむきっかけになりました。

 

心に響くセリフがたくさんある

 

アニメ制作のプロフェッショナルがたくさん出てくるのですが

出てくる人物がみな個性豊かです。

その方々の言葉がとてもに心に響くのですよ

 

アニメ制作に真剣に向き合っている人達

ほんとに好きで仕事をしている人の言葉って

雑念が無いっていうか、経験の重みも相まって

ストレートに心に突き刺さりますね

 

僕は登場人物の中で杉江さんというベテラン原画マンの方が好きです。

この人は発する言葉がいちいち名言なのでそこも見どころですね。

 

仕事のあり方を考えさせられる

 

このアニメは実際に作品を仕上げていく「仕事」

ストーリーの主線だと思いました。

ただの楽しいアニメではなく、

ある種のドキュメンタリー的な印象です

 

リアルなアニメ業界を描いているからこそ

重みのある名言が多数出てくるのだと思います。

 

そしてキャラクターの苦労や葛藤は

つい自分自身にも問いかけてしまうくらい、共感できてしまう

仕事に対しての向き合い方を考えさせられる等身大なキャラクターがたくさん出てきます。

 

アニメらしい普通じゃありえないギャグテイストな展開なんかもありますけど

それがあるからちゃんとアニメとしても楽しめます。

 

 

白箱はアマゾンプライムで全話視聴することができます

最新アニメも豊富にそろっているのでアニメが主食の自分としてはとても助かってます。

アマゾンプライムは30日間は無料なのでその間にアニメを見ることもできますよ。

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です